常滑焼

ノリタケ


常滑焼の歴史
常滑焼の歴史は日本の陶磁器の産地の中でも非常に古く、遡ると平安時代から約900年にも及ぶ六古窯の一つです。その常滑焼は奈良時代に朝鮮半島から伝わった須恵器の製造技術を受け継いで焼かれています。
平安時代から鎌倉時代の常滑焼は穴窯で焼成され、自然釉の掛かった経塚壺(きょうづかつぼ お経を入れて地中に埋め、ご利益を願うもの)などの仏教用品なども作られていました。
安土桃山時代、常滑焼の素朴な土味が詫び茶人に愛され水指に取り上げられました。千利休の『不識』の銘の壷も常滑焼のものでした。
しかし、その時代には禁窯令が布かれ茶の湯の波に乗ることが遅れ、常滑焼で名を残す茶陶作家が誕生するのは江戸時代中期になってからのことでした。
江戸時代末期、杉江寿門(じゅもん)が朱泥(しゅでい)を完成させ、さらに1878年(明治11年)には中国の焼物の影響を受け、中国人陶工の金士恒(きんしこう)の協力を得てやはり杉江寿門が朱泥(しゅでい)の急須を作り出しました。
現在の常滑焼は茶器、特に急須の生産が盛んで常滑の急須は『常滑焼の急須』と言われるほどに全国に行き渡っています。
また、常滑の土管の生産は明治時代から昭和にかけて盛んに行われ、タイルやINAXの衛生陶器などの工場も設立され、常滑は大窯業地域となり発展しまし、現在も就業人口の約半数が何らかの形で窯業に関わっています。
常滑市内の市役所を始めとした主要な公共施設には常滑の造形作家による陶壁が作られていますが、彼等の活動は世界的にも評価されています。1972年にはフランス南部のバロリスでの国際陶芸展に集団出品し、最高名誉大賞を受賞するなどしています。現在も就業人口の約半数が何らかの形で窯業に関わっています。
写真の坂道、右側は焼酎瓶 左側は土管 下は敷輪、常滑の街は街の中いたる所焼き物が目に入ってきます。)
常滑焼 急須
常滑 土管坂


常滑焼の色々・・・
1.常滑の基本 朱泥無地の急須
朱泥とは赤く釉薬を施さないb器質の焼き物を言い、酸化鉄などを含む土を原料に作られます。人参手(にんじんで)とも言われ他の朱泥には佐渡の無名異焼(むみょういやき)などがあります。
b器とは若干の吸水性があり、光を透過しない陶器でも磁器でもない焼き物で、半磁器などと言われることがあります。信楽焼や備前焼、ウェジウッドのジャスパーウェアなどがb器に属する焼き物で、アルカリや鉄分の多い粘土を原料にし、1200℃〜1300℃の高温で長時間焼成します。
常滑焼 朱泥急須
通常、鉄分を多く含む粘土は耐火度が低く焼き物には適さないとされていますが、常滑には耐火度を高める珪砂が豊富で、常滑は周辺で採れる鉄分を多く含んだ粘土を他の焼き物の産地にはない特徴のある赤褐色の焼き物を作り出すことに成功しました。
朱泥は粘土が非常に細かく、焼成の前には生地を磨き、焼成後には艶を出すために再度磨きをかけています。それによって、表面の感触が滑らかで、b器の特徴である若干の吸水性もあり長く使うことによって独特な味わいが生まれてくる特徴があります。
2.古常滑
古常滑とは常滑焼の中でも平安時代から鎌倉時代に焼かれたものを言います。当時の焼成は登り窯よりも前の穴窯と言われる熱効率の悪いものでした。主に甕や壷が撚子(よりこ)と言う粘土の紐を腕や肩に掛けて回しながら積み上げて作る方法で作られいました。製品は自然釉による灰釉や土味を感じさせるものが多くあります。
3.三筋壺(さんきんこ・みすじつぼ)
三筋壺とは瓷器(しき 灰釉陶器)系陶器壷の胴に2本から3本の筋を持つものを言います。
それらは経塚や古墳からの出土が多いことから、宗教的な意味を持った模様と考えられています。


************************************************************************************************
当サイト内のコンテンツ(文章・画像・写真等)及び商標(ロゴマーク等)は当店、及び関係会社に帰属します。当サイト内のコンテンツ及び商標などの使用(加工しての使用を含む)は固くお断り致します。
************************************************************************************************

ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器
ノリタケショップ陶仙
神奈川県 相模原市 中央区 横山 3-10-13
TEL・FAX 042-758-8585

Copyright ©2017 ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器 All right reserved.