信楽焼

ノリタケ


信楽焼について
信楽焼は聖武天皇が天平14年(742年)より滋賀県信楽町にて紫香楽宮の屋根瓦を焼いたことが始まりと言われている日本で最も古い産地の一つで生産され続けている焼き物で、他の産地の陶器や磁器とは異なるb器と分類される焼き物です。
磁器は吸水性がなく透光性があり、陶器は吸水性があり透光性がないのに対し、b器は透光性がなく吸水性をやや持っています。見た目へ陶器のようですが、b器を叩いてみると磁器に似たクリアな音がします。他にb器と分類される焼き物は備前焼やウェジウッドのジャスパーウェアと言えばなんとなく感じがイメージできるのではないでしょうか?


信楽焼と『侘び寂び』
信楽焼の陶工たちは鎌倉時代頃から宋代の陶磁器に習い穴窯による種壷や擂鉢等の農器を焼きました。以来それらの信楽焼は農民の手によって受け継がれ、室町時代末期には釉薬を施さない信楽焼独特な土味を生かした温かみある器が焼かれました。その信楽焼が持つ独特の風合いに茶人達が美を見出し、侘び茶が隆盛する時代になると千利休、武野紹鴎によって茶陶具として用いられ、古信楽の持つ『侘び寂び』と言われる素朴さと簡素な美しさを特徴とし名声を得て珍重されてきました。
荒土製作にる『石ハゼ』、灰被りによる『焦げ』と、『緋色(全体に発色させることが特徴的)』等は信楽焼固有の持ち味として愛され続け、江戸時代中期以後に登り窯が築かれてからは食器等の日用品が多く焼かれるようになり、明治以後には『なまこ釉』を始め多くの釉薬(上薬)が研究され優雅な火鉢等を代表する各種の陶器が作られました。
信楽焼の陶工たちはこのような伝統の美と信楽焼独特な土味の中に、近代的なセンスを持ったデザインと優れた釉薬の技術を調和融合させ、様々な焼き物を作ってきました。その種類やデザインなどの多様さには目を見張るものがあります。
現在の信楽焼は食器、花器、植木鉢等の日常の器や、建築用タイル、タヌキ等の置物、傘立、茶器・茶道具、庭園用のインテリアの器等多種多様なものが焼かれ、古来より日本人の生活と共に歩んできた日本最古の焼き物の産地としての伝統が脈々と受け継がれています。


六古窯のひとつ信楽焼
信楽焼は現在までの長い歴史と文化に支えられ、また伝統的な技術が現代に伝えられ六古窯の一つとして数えられています。六古窯とは平安時代から鎌倉時代に始まった窯で、信楽、瀬戸、常滑、丹波、備前、越前の産地と、そこで焼かれた焼き物を言います。信楽焼等の六古窯以外にも日本各地で鎌倉時代の窯跡が多数発見されていますが、それらの産地はいずれも淘汰されてしまいました。
優れた良質の焼き物を効率良く生産し、全国各地へ販路を拡大して産業として根付くことが出来た産地と焼き物が六古窯です。
信楽では中世末期頃から穴窯によって壺、甕、鉢などの焼き物を焼き始め、日本独自の焼き物の産地の一つとしての歴史を重ね展開してきました。
信楽焼 片口鉢
信楽焼の特徴は、信楽特有の土味を発揮して、登り窯、穴窯の焼成によって得られる温かみのある火色(緋色)の発色と、自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいで、土と炎の芸術として『侘び寂び』の趣を現在に伝えています。
信楽焼独特な素朴さの中に、日本の文化と日本人の風情を表現した焼き物の代表的なものとして、室町時代・桃山時代以降の茶道具があります。茶道の隆盛と共に『茶陶信楽』として茶人を始めとした文化人に親しまれ珍重されてきたこともその所以と言えるでしょう。
江戸時代になると商業の発達に伴い、茶器の他に土鍋、鉢、酒器等の日常食器や雑器が多く生産されるようになり、さらに明治以降は、新たに開発された『なまこ釉』を施した火鉢等の生産が始まり一躍全国の需要を賄うほどに大きな成長を遂げることになりました。その他にも神仏具や酒器、茶器などの焼き物や壺、火鉢などの大型の焼き物も生産されるようにまりました。


信楽焼の現在
高度経済成長時代の昭和30年代後半から40年代にかけては、電気や石油暖房器具の開発・普及の中で、生活水準が向上する等、生活様式の変化に伴い信楽に於いても火鉢の需要が減少するなど大きな転機を迎えました。しかし、長い歴史で培った伝統技術と陶工たちの智恵と努力が火鉢の技『なまこ釉』の技術を取り込んだ植木鉢を開発し、高級盆栽鉢や観葉鉢が主力生産の品目になるなど、徐々に高い評価を受けるようになりました。
その後は水甕や火鉢等の大型の焼き物から小さな焼き物に至るまで信楽焼独特の『侘び寂び』を残し現在に至っています。
現在の信楽では、食器・植木鉢等の日常の焼き物を始め、建築用タイル・陶板、狸等の置物、傘立て、花器、茶器、庭園用インテリアの焼き物等多くの商品が生産され私達の生活に根ざした焼き物が生産され、変化の激しい需要に対応する技術の開発が進められています。
信楽焼の原料として使われる信楽の土は耐火性に富み可塑性とともに腰が強いことが特徴の一つで『大物づくり』に適し、また『小物』の生産に於いても細かな装飾が施しやすい粘性があり多種多様な信楽焼が作られています。
信楽焼 狸


信楽は、京都、奈良、山城等の地域と東海地方を結ぶ交通路の要所でもあり、茶の湯の文化の中心として発達した京都・奈良に近いことから茶陶信楽が発展した大きな要因です。
また、良質な陶土と焼成に用いる薪の原料が豊富で陶工たちにとっては理想的な産地であります。
信楽焼は、昭和51年(1976年)に国から伝統的工芸品の指定を受け今日に至っています。



************************************************************************************************
当サイト内のコンテンツ(文章・画像・写真等)及び商標(ロゴマーク等)はノリタケショップ陶仙、及び関係会社に帰属します。当サイト内のコンテンツ及び商標などの使用(加工しての使用を含む)は固くお断り致します。
************************************************************************************************

ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器
ノリタケショップ陶仙
神奈川県 相模原市 中央区 横山 2-16-4
TEL・FAX 042-758-8585

Copyright ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器 © 2014 NoritakeShop-Tosen. All right reserved.