ノリタケ

ノリタケの食器商品と歴史 オールドノリタケと新しいノリタケ

ノリタケ ノリタケ ノリタケ食器の通販


ノリタケについて
ノリタケ(ノリタケカンパニーリミテド Noritake Co.,Ltd)を食器メーカーだと思っている方がほとんどではないでしょうか?
もちろん、ノリタケは食器や花瓶などの陶磁器を製造しているメーカーなのですが、ノリタケは他にも多くの製品と技術を保持しています。陶磁器を焼成する窯にはじまり、砥石などの研磨技術、さらにノリタケの陶磁器製造の絵付の印刷技術を活かした電子回路基板や映像表示やメッセージボード、歯科材料や航空宇宙の分野・・・
ノリタケの技術と伝統は陶磁器以外の分野、皆さんの知らない意外なところで活かされています。
そんなノリタケを簡単にご説明いたしましょう。


ノリタケの食器と商品について
ノリタケの食器には様々な素材と多くのデザインがありますが、主な素材はノリタケが日本で初めて白色硬質磁器を完成させた伝統的なノリタケチャイナ、柔らかな乳白色のボーンチャイナ、電子レンジやオーブンに対応している白色硬質陶器のノリタケプリマチャイナなどがあります。
また、ノリタケは金属食器やホテル・レストラン、給食用の食器などの製造販売も行っています。


ノリタケの歴史
日本の金が海外に流出している現実に悩む森村市左衛門は慶應義塾の福沢諭吉を訪ね悩みを相談し、明治9年(1876年)に『森村組』を設立し、弟の森村豊(とよ)はニューヨークに“モリムラブラザーズ”という雑貨店を開店させました。これがノリタケの始まりです。そこでは日本から輸入された日本的な雑貨(陶磁器・漆器・掛軸・屏風など)が販売されました。当時のアメリカでそれらの雑貨は大変な人気で、アメリカ人のお客様は日本からの商品が届くのを待ちかねて、商品が届くと争うように買って行ったほどでした。
その後、大倉陶園を設立した大倉孫兵衛、大倉和親、村井保固、広瀬実榮らが森村組に加わりました。
その後、森村組はアメリカで陶磁器に人気があり今後更に有望な商品になると感じ、自分たちで陶磁器を作り輸出することを決断しノリタケの前身である日本陶器合名会社を設立しました。
その後、ノリタケの食器は日本国内、アメリカをはじめとした世界の国々で使われてノリタケは日本を代表する食器ブランドになっています。


新しいノリタケと関連企業
1.工業機材
食器をはじめとした陶磁器の仕上げで使用する砥石の製造から始まり、ノリタケは第二次世界大戦中の軍需産業として発展しました。現在は自動車や工作機械、IT関連、建築・建設などあらゆる分野でノリタケの研磨技術が応用・活用されています。
2.電子事業
ノリタケの陶磁器・食器に絵付する転写技術から派生した分野で、電子回路の基板や絶縁体として使用される電子部品用のセラミックの製造などを行っています。東京ドームの大型映像表示や新幹線車内のメッセージボード、メモリー付の蛍光表示管、厚膜回路基板などがその一例です。
3.セラミックマ・テリアル
ノリタケのセラミック素材が自動車やIT分野、航空宇宙の世界などあらゆる分野で応用されています。身近なところでは人工歯用の素材、歯科用の石膏などは知らない間に皆さんのお役に立っています。
4.環境エンジニアリング
ノリタケとグループ企業は地球環境の汚染などの問題に取り組んでいます。セラミックパイプや古紙や廃液をリサイクルする装置にはじまり、省エネ・省スペース装置など幅広い分野で研究開発が進められています。
5.ノリタケから生まれた関連企業
さらに、ノリタケの食器の生産から派生した様々な技術が幅広い分野で応用され蛍光表示管のノリタケ伊勢電子、スパークプラグの日本特殊陶業、電力碍子の日本ガイシ、衛生陶器のTOTOなどの企業が生まれました。


オールドノリタケについて
オールドノリタケとは、1800年代の末頃から第二次世界大戦前後頃まで、森村組(ノリタケの前身)と日本陶器で作られ主にアメリカやヨーロッパへ輸出された装飾品と食器などを言います。
それらのオールドノリタケはアールヌーボーとアールデコの2つに大きく分類されます。
1. アールヌーボー様式
オールドノリタケの初期の作品は手造りで複雑な曲線を持ち、花や樹木などの自然をモチーフにし、淡いパステルカラーを基調とした点で、当時のアールヌーボー様式の影響を受けています。アールヌーボーを中心としたオールドノリタケは
(1) 表面を立体的に装飾する技法
(2) 一陳による細かな点を盛り上げる和陶では粒と呼ばれる技法
(3) 盛り上げた生地を下地に刷毛や筆を用いて金を装飾する
(4) 石膏が水を吸収する性質を利用した装飾技法
(5) エッチングと言われる生地の一部を酸で腐食させそこに金を施す技法
などの技法を複雑に組み合わせて製造されました。
ノリタケ
2. アールデコ様式
アールデコ様式のオールドノリタケは大正末期から昭和初期の短い期間に製造されたそれまでの高級な装飾品とは異なる機械による大量生産されたファンシーウェアです。
アールデコはアメリカやフランスを中心としたヨーロッパでその当時に流行した装飾様式で、ノリタケのアールデコにはラスター彩で表現されたきらびやかな装飾品が多くみられます。
アールデコによるオールドノリタケをさらに分類すると
( 1 )人物図案 ( 2 )動物 ( 3 )植物 ( 4 )風景 ( 5 )幾何学模様 などがあります。

************************************************************************************************
当サイト内のコンテンツ(文章・画像・写真等)及び商標(ロゴマーク等)は当店、(株)ノリタケカンパニーリミテド、(株)ノリタケテーブルウェア、(株)大倉陶園に帰属します。当サイト内のコンテンツの無断での使用(加工しての使用を含む)は固くお断り致します。またノリタケ 大倉陶園 共に商標の使用は一切お断り致します。
************************************************************************************************

ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器
ノリタケ 大倉陶園と食器とギフトの店 陶仙
神奈川県 相模原市 中央区 横山 3-10-13
TEL・FAX 042-758-8585


 Copyright ©2017 ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器 All right reserved.