美濃焼

ノリタケ


美濃焼について
美濃焼とは岐阜県の東濃地方(旧笠原町を含む多治見市・土岐市・瑞浪市可児市)で作られる焼き物の総称です。
この地域は古くから美濃焼を地場産業とし発展し、特に多治見市は美濃焼の工場や産地問屋の集まる街で、東濃地方の陶磁器産業の中心地です。


美濃焼の起源と歴史
美濃焼の起源は奈良時代の須恵器に遡りますが、その発生からの流れは確かな証拠がなく、2つの説があります。
一つは岐阜県の東濃地方で焼かれた平安時代の『瓷器(しき 灰釉陶器)』から鎌倉時代・室町時代へ続く無釉陶(山茶碗)の生産と室町時代に瀬戸から導入された施釉陶生産と、その後の大窯による施釉陶へと続く生産体制がルーツと考えられています。
もう一つの考え方は瀬戸の猿投山(さなげやま 現在の愛知県豊田市猿投町)の近くで発祥した瀬戸の陶業は、長男だけが窯を代々継いで、次男以下の者は他の土地へ移住すると言う掟があったと言われています。その次男以下の陶工が良質な陶土を求め東濃地方に移住し、豪商である土岐氏の保護を受け支えられ桃山陶窯を開業し、桃山時代末期から文禄・、慶長の時代に志野・織部などの焼き物を作ったと言われています。
古くから美濃では良質の陶土が多く産出され、平安時代から焼き物の生産は盛んでした。醍醐天皇の『延喜式』にも陶器調貢の国と定められてていることから、中央に陶器を納めていたことが伺えます
桃山時代には美濃の多くの陶工と京都から来た陶工や茶人の交流が盛んに行われるようになり、それにより美濃焼は芸術性を高め各地に広がり発展し続けてきました。そして、千利休による『茶の湯』の完成によって美濃焼は瀬戸黒・黄瀬戸・志野・織部などが持て囃される絢爛な時代を迎えることになりました。
しかし、江戸時代になると、桃山時代からに隆盛を極めた千利休、古田織部などの美濃焼の茶陶は、野々村仁清(にんせい)により確立された『侘び寂び』に人気を奪われる結果となり、美濃焼にはそれまでのような剛健な気風は弱くなり庶民民衆が日常に使う食器などの雑器を生産するようになりました。
美濃焼 織部
比較的近くの産地である瀬戸では当時既に有田焼のような磁器を作ろうとする機運があり、加藤民吉が九州有田で3年間で磁器の製法を習得し1807年(文化4年)に瀬戸へ帰郷しました。
すると瀬戸から磁器の製造方法が瀬戸から伝わり、磁器の原料を多く抱える東濃地方はその風土を最大限に活かし、それまでの陶器の生産から磁器の生産へ大きく移行しました。九州の有田で日本の初めての磁器が焼かれてから、200年近く経ってのことでした。


美濃に於ける近代窯業
明治時代になると、国内での需要が高まったことなどから、絵付けの方法もより効率良く合理的・経済的に生産が可能な摺絵や銅版印刷などの技術が開発されました。また顔料の輸入なども行われるようになりました。
合理性と大量生産を追求した結果、東濃の焼き物は全国に広まり、美濃焼が知られるように、東濃地方は陶磁器の大きな産地となりました。
反面、あまりにも合理性と大量生産を追求した結果、美濃焼は粗悪な製品を世に送り出す結果を招いてしまいました。有田焼や清水焼など日本の他の産地の産地で作られた焼き物に比べ『安かろう悪かろう』・『粗悪な安物』と言われてしまった程です。西浦円治はそんな世の声に憤慨し加藤五輔の協力を得て繊細な染付け吹絵による絵画的表現を現した磁器が焼かれました、それが西浦焼です。西浦焼は海外にも輸出されパリ万博では表彰されたりもしましたが1911年(明治44年)に世から消えていきました。
昭和の時代に入ると、窯も石炭窯から重油窯、ガス窯、トンネル窯などに進歩し、良質な製品の量産化が進められました。現在、美濃焼と言う名前で生産されている陶磁器は食器や花瓶などの置物・インテリアの他にもタイルや煉瓦、碍子など非常に種類が多く多岐に渡っています。その中でも和食器・洋食器が東濃地方の陶磁器生産の中心で、洋食器・和食器共に全国の生産量の半分以上を占めています。
さらに、美濃焼は海外への輸出も行われています。
現在の量産されている美濃焼



************************************************************************************************
当サイト内のコンテンツ(文章・画像・写真等)及び商標(ロゴマーク等)は当店、及び関係会社に帰属します。当サイト内のコンテンツ及び商標などの使用(加工しての使用を含む)は固くお断り致します。
************************************************************************************************

ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器
ノリタケ 大倉陶園と食器とギフトの店 陶仙
神奈川県 相模原市 中央区 横山 3-10-13
TEL・FAX 042-758-8585

Copyright ©2017 ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器 All right reserved.