有田焼

ノリタケ


有田焼が日本で最初の磁器
1604年、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に朝鮮半島から連れられて来た陶工の李参平が有田の泉山に良質なカリオンを含む白磁鉱を発見し窯を開いたのが有田焼の始まりで、日本の磁器産業の始まりです。
そして、日本で初めて磁器が焼かれたのは1616年(諸説あり)の白川天狗谷窯と言われています。
8世紀頃から現在の愛知県地方で焼き物が生産されていましたし、泉山で磁石が発見される以前にも、有田で朝鮮人の陶工たちが陶器を焼いていましたが、有田独自の磁器が焼かれるようになったのは泉山に磁石を発見して以降のことになります。
それまでの信楽焼や瀬戸の焼き物は陶器であり磁器ではありませんでした。
その後、有田の焼き物は鍋島藩の保護に守られ有田焼として発展し続け優れた作品や商品を作り出しました。
そして、磁器を焼いた有田には日本各地から陶工が集まり、磁器生産の技術が日本全国に広がっていくことになりました。
泉山採石場跡


ヨーロッパへ渡った有田焼
有田焼は、染付や染錦などの古伊万里様式、赤絵、濁手などの柿右衛門様式、色鍋島の鍋島様式の3つに大きく分類されます。
藩御用や献上品として守られ作られた色鍋島は出回ることがありませんでしたが、古伊万里様式と柿右衛門様式の有田焼は1653年以降に長崎のオランダ商館から東インド会社の手によって伊万里港から輸出されたことから“伊万里”の名でヨーロッパなどの海外へ輸出されるようになりました。
それまで、東インド会社は中国の景徳鎮の色絵磁器などを扱っていましたが、明代末から清代始めの中国国内の混乱により中国の磁器をヨーロッパへ輸出することが出来なくなっていました。東インド会社は有田で生産されている色絵磁器に目をつけて中国の磁器の代わりに有田焼の磁器をヨーロッパへ輸出し始めたのです。
有田焼 色絵吉祥文 17世紀柿右衛門復刻版
当時のヨーロッパには白い磁器がほとんどなく、“伊万里”は上流階級から人気を集め大変に珍重されました。その後17世紀から18世紀中ごろにかけて数百万ピース以上の有田焼の磁器がヨーロッパに向けて輸出されましたが、日本でこの時期は、柿右衛門様式が完成期にあたります。その白い生地に空間を生かした柿右衛門様式の磁器はそれまでヨーロッパが輸入していた景徳鎮の磁器とは全く異なり、金襴手と並ぶ人気の高い商品だったようです。
ドイツのマイセンやオランダのデルフトなどの陶器の産地では遥か遠い日本から届いた磁器を元に写し絵が行われ、そのデザインは現在も受け継がれています。あの有名な染付のブルーオニオンも有田焼の石榴や桃が模写されたものであることをご存知の方も多いことでしょう。


有田焼の代表的な3様式
1.柿右衛門様式
濁手と言われる乳白色の生地に余白を生かしつつ赤絵などの鮮やかな上絵を施すもの。
赤・黄・緑、そして染付とは異なる青の4色ですが、後に金の装飾が行われるようになりました。
2.古伊万里様式
白く透き通るような生地に繊細で華やかな特徴的な絵付けがされています。
生地に染付を施し、その上に金、赤、緑、黄色などで装飾したものを古伊万里様式と言いますが、藍色と金、赤の組み合わせが基本で、金欄手(きんらんで)と呼ばれるものもあります。
3.鍋島様式
鍋島藩の保護下で精巧で完璧さを求め採算を度外視して作られ、藩の献上品などの御用に使われました。
鍋島様式の磁器には染付の藍鍋島と、白磁に染付を施しさらに赤や黄色や緑などの色彩を用いた色鍋島があります。多くの作品は木杯形の皿で日本的な絵柄が描かれて、特徴的な櫛高台と言われる縦の縞模様がある。


有田焼 柿右衛門様式
有田焼 古伊万里様式
有田焼 鍋島様式
《 柿右衛門様式 》 《 古伊万里様式 》 《 鍋島様式 》


有田焼を支えた泉山陶石と現在の泉山採石場
李参平によって発見された泉山陶石ですが、江戸時代には磁器の原料の一部に熊本県で発見された天草陶石を配合するなど、次第に磁器の原料の主役は代わりつつありました。
その原因は泉山で産出される磁石は可塑性が乏しいために成型が難しく、鉄分が多いため良い白い磁器を作り難いことが挙げられます。それに比べると天草の磁石はカオリンをより多く含み鉄分が少ないので、泉山の磁石より製品化する際に有利ですので、泉山磁石から天草の磁石に移行していくのは自然な流れであったことは間違いありません。明治35年、それまでは泉山磁石を原料とした製品しか出品が認められていなかった有田焼の品評会でも天草陶石を原料とした製品の出品も認められるようになり、昭和の時代になると泉山磁石の使用される割合が30%を下回るようになりました。
一時期はタイルなどに使用された泉山の磁石も現在は採石場が掘りつくされ採石場の跡だけが残っているだけとなっています。



************************************************************************************************
当サイト内のコンテンツ(文章・画像・写真等)及び商標(ロゴマーク等)は当店、及び関係会社に帰属します。当サイト内のコンテンツ及び商標などの使用(加工しての使用を含む)は固くお断り致します。
************************************************************************************************

ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器
ノリタケ 大倉陶園と食器とギフトの店 陶仙
神奈川県 相模原市 中央区 横山 3-10-13
TEL・FAX 042-758-8585

Copyright ©2017 ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器 All right reserved.